海外ウエディングでの必要なマナーとは

必要なマナー

海外ウエディングと国内ウエディングではマナーが少し異なってきます。特に海外となると日本とは違うので注意が必要です。まず、招待客を決める際、自己負担かもしくはこちらが負担するかを決めます。招待状を送る前に招待しても来ることができるかどうかの確認をとってから招待状を送りましょう。

そして、もし自己負担できてもらうのであれば、祝儀はいらない旨をしっかりと招待状に記入しましょう。海外ですと数日仕事を休む、家を空けるという負担をかけることになります。そういった配慮は必要です。仕事をしている人は会社に報告が必要です。

休みを数日取る必要があることと、海外挙式する旨を伝えることと、国内でも結婚のパーティーをするかなどを伝える必要もあります。会社から祝儀がでることもあるので、そういったことはきちんと報告しましょう。個人的に付き合いがある上司などは前もって報告しておくことも礼儀でしょう。

また、挙式前に式場の人にチップなどを渡すことも忘れないでおきましょう。新郎新婦が渡すことが難しいようでしたら、代理を立てて渡してもらうことが無難です。